白肌の雑記帳

雑に記録していきたい

2019年3月

 33歳になっていました。
 人生的には何の変化も無い、空虚な1年でしたが、ある程度健康に過ごせるめどが立ってきたのは良いことだったなと思います。
 ただこれも薬による効果に過ぎず、良薬に依存し続けるこの生活には停滞感を感じずにはいられません。
 そして油断していたら一気に太ってしまいました。食欲旺盛な証拠ともいえるのである意味嬉しい誤算なのですが、やはり太った自分というのは単純に醜く見えてしまうので、現在ダイエット中です。
 まさかねー、半年で10キロ以上太るとは思わなかったよ。それだけ食事で問題が起きにくかったということだけど。

ファイナルファンタジー14(PS4)

 やはり今月もFF14しかやっていません。恐ろしいよこのゲームは。
 以前PC版を遊んだときは全くハマれなかったんですけど、やはり一つなにかキッカケがあるともう抜けられなくなるね。
 まだ新生のメインストーリーをクリアした程度ですが、飽きること無く遊べています。
 やっぱ改めて思うこととして、ボイス控えめなとこが良いですよねこのゲーム。
 RPGにボイスはいらない派なんですよ俺は。その方がテンポよく進めるし、つまらないと思ったお話は飛ばせる。ムービースキップすればいいじゃん、という人もいるが、ムービースキップは違う。スキップしたところに面白い部分があるかもしれない。そこは任意に選びたい。話は楽しみたい。そういう欲求を満たせるところにスッとこのゲームが入り込んでくれた感じで、非常に快適です。
 反面、フルボイスでスキップ不可なムービーが多発したメインストーリー終盤は、正直辛かった。
 なんつうか内容もあんまりって感じだったな終盤の展開。FFシリーズでもなかなか見ないレベルのクサいお話だった。ちょっと33歳にもなって見る分には恥ずかしいよね。ワイルドアームズだったら、そういうものだとして恥ずかしがらず見れたりすんだけど。FFはもうちょっと捻ってほしいというか。突き抜けきれてないというか。でもまあネトゲはこういうもんでいいんかな。普段ネトゲやらんからあんまりそのへんわからない。
 まあでも大筋はずっと面白かったので、まだまだ先へ進めていく予定です。
 拡張パックも買いました。現在セール中!ということなので、興味がある人は買ってみましょう。
jp.finalfantasyxiv.com

 こういったオンラインでの協力メインのゲーム、モンハンXXのトラウマがあってやや避け気味でしたが、基本有料なおかげか、メインを進める限りは凄く優しい人が多くて助かります。
 変な人もいるんだろうけど、モンハンXXの酷さを思うと…ねえ…かといってワールドはドライ過ぎて合わなかった自分にはちょうど良いところに収まった感じです。


 そうそう、麻雀の方ですが、かなり負けまくって1級で停滞しています。レートも1550くらいまで落ちてしまった。くそう!くそう!
 なんつうか、お祭りも収まって麻雀が好きな人だけが残った感じで、楽しいんですけど以前みたいに簡単には勝てなくなって来ましたね。

さらばフルボッコヒーローズ、また会う日まで

 長らく遊び続けてきたフルボッコヒーローズ。ついにサービス終了の告知がされた。
 5月27日をもってサービス終了するらしい。
 つい2ヶ月前に5周年を祝ったのだが…実に残念なニュース。


shirohada.hatenablog.com


 いろいろあった。語り尽くせないくらいに多くのことがあった。
 確か俺は、割と初期の頃シガタケ氏の絵(マーリンだったか百地だったか)を見て、「あー、シガタケさんイラスト提供してるんだ」「やっぱこの人はいいイラスト描くね」となんとなく始めたんだが、まさか5年もの間遊び続けられるとは思わなかった。
 正確には2回ほど離れた時期があって、実際その時期は俺だけでなくサービス継続が厳しいくらいユーザー離れが起きていたようだが、各種コラボや良イベントの力で、幾度となく不死鳥のように甦ってきたゲームだった。
 しかし最近はゲームシステムの限界が見えてきていた。見えたというより、完全に限界だった。
 極端なインフレと、バインドやブレイクプロテクション、ショット変化スキル短縮などの面白みに欠ける調整、やたら時間のかかるクエスト、果てしない作業感…騙し騙し、ゲームの限界をごまかし続けてきたようだが、その無理はユーザーに十分伝わっていた。
 しかし、それでもギリギリのバランスが取れていたし、ガチャも悪くはなかった。新規イベントも出し続けてくれた。直近だとスキル中断が効果的なクエストが良い味を出していたと思う。旧キャラの復権に繋がった分、良イベントの類だった。
 しばしば、運営が叩かれることはあったが、これだけの限界を前にして、よく頑張ってくれたと思う。


 特筆すべきはこの2ヶ月の間の終末感。
 混沌クエをしっかり最後まで終わらせ、可能な限り伏線を回収し、そしてラストの混沌イベントをレイド方式にしたりと、綺麗にサービスを畳もうとするこの姿勢はまごうことなき良運営。
 最後の決戦感はしっかり出ていたし、ムードはとても良かった。
 調整等で至らぬところは確かに多々あったが、姿勢は最後まで素晴らしかったと思う。


 まずこの記事ではお疲れ様、ありがとう。という言葉を捧げたい。
 そして、確実に時間がかかると思うんで、多分しばらく後になると思うんですが、俺の所有キャラで特に思い出深いキャラクターを思い出とともに語り尽くす追悼記事を書こうと思っています。
 特に、後日画集が発売されるらしいので、その販促の一助となることを目指して書いていきたいですね。


 もうね、1万字や10万字程度じゃ語り足りないんだよね。ちなみにこの記事が1100文字程度なのだけど、5%も話せてる気がしないからね。20倍したら20万文字くらいかな←クソザコ計算ミス。20倍したら2万文字だ。あれ、思ったほど書くこと無いのか?なんにせよ次のフルボッコ記事を乞うご期待(俺が俺に期待)。


 本当に、好きなゲームでした。
 だめなところ、いっぱいあったけれど、イラストもシステムも寸劇も(初期〜中期の寸劇クソつまんなかったけどある時期以降かなり持ち直したと思う)、ここまで好きになれたソシャゲは他に無かったです。ケモノ要素も良かった。
 俺がケモナーを理解できたのは紛れもなくこのゲームのおかげ。そういう意味では一生忘れることは無いと思う。
 課金額はせいぜい2〜3万くらいだったと思うけど、かけた金額以上に楽しませてもらえたと思うよ。


 さて、フルボッコヒーローズはこれで店じまいが始まりますが、とても魅力的なコンテンツだったので、この世界観やキャラクター達を活かした派生作品、あるいは続編を期待したいですね。
 また会う日があれば、また会う日まで。

2019年2月

 MacBook Proを買いました。2018年モデルの、タッチバー有りのやつ。13インチ。メモリ16GBカスタマイズ。US配列。
 MacBook Air 2013を愛用していたのですが、最近挙動が怪しいタイミングがあったので、そろそろ買い替え時かなと思い、勢い余って結構いいやつを買ってしまった。
 ただ、用途的に割と持て余しています。もうちょい負荷の高いことをしたいんだけど、俺のパソコン用途ってほとんどネットサーフィンオンリーなのでね。
 ゲーム遊んでも良いんだけど、最近あんまPCでゲームしたいとかいうまでの意欲が無くてね。Steamのセールなんかも昔ほど熱心にチェックしなくなった。
 巷のMacBook Proユーザーの用途としては、「動画編集」が割とメインらしいんだけど、いやそれ、そんなメジャーな趣味か?みんなやることなのか?ホームビデオの編集とか?ああ、そういう人たち向けの…ああそう…いやまあ、俺はどうせそういうのないしさ…
 じゃあなんでMacBook Pro買ったの?なんで買ったのよ?
 はい、すいません、勢い余って…つい…
 動画編集なー、一度やってみようかと考えたことはあったんだけど、あまりの面倒くささに耐えきれなかったんだよな。
 ちょっとチャレンジしてみるのは有りかもしれないけど、元ネタもないからな。
 本当に俺は何やらせてもライトユーザーだわ。仕事柄自作ぐらいはできる(多分)けど、それやった先に特に目的が無いんだよな。

ファイナルファンタジー14(PS4)

 2月もまたFF14しか遊びませんでした。
 すげーハマってるように見えるかもですが、レベル的には一番進んでる黒魔道士が47くらいなので、そんなに…って感じです。
 ああでも、結構楽しんでますよ。最近はメインを進めず各クラスの底上げしてますよ。メインも存外ストーリーが楽しめて良いですね。
 ああ、このストーリー展開ってFFだなあって。アジトを留守にしてる隙に敵対勢力に攻められて壊滅してたりするやつね。RPGあるあるとも言えるけど、なんかやたらFFで見る気がするんだよな。まあFFが一番数多く遊んだRPGシリーズってだけなんかもしれんけど。
 というか最近緩めのRPGやってたからFF程度でも妙に刺激的に感じられてしまうんだよな。やっぱ疲れてたというか、体調悪かったんだなと…ルーンファクトリーとか全力でゆるいもんな…
 ああそうそう、麻雀の方もやってます。今はレート1630で2級。まだ2級かよって感じですが、4連続4位とかやって持ち直して来たので個人的にはよく頑張ったと思っています。昨日は南三局3位から起死回生の加槓で嶺上開花アガって暫定トップに躍り出て脳汁ドバドバでしたが、その後調子に乗ってゼンツしてたら振り込んで即3位落ちしたのでやっぱり勢いとか流れを過信しちゃだめだなって思いました。麻雀は人生。
 有段卓行ったらまた洗礼を浴びそうだよ。

2019年1月

 そういやあけおめでした。

ファイナルファンタジー14(PS4)

 以前PCで遊んでいましたが、PS4でまた最初から始めています。
 理由は、麻雀が実装されたから〜。
 そう、麻雀です。FF14の基本料金さえ払っていれば、麻雀が無料で遊べちまうんだ!
 自分は過去に遊んだデータがあったせいでフリートライアルできませんでしたけど、実は未プレイの人はフリートライアルで始めて、ほとんど完全無料なまま麻雀が遊べてしまうみたいです。
 さて、麻雀進捗的には、今はレート1600で3級です。段位もレートもあって、おまけのゲームとは思えない感じですね。
 内容もちゃんと麻雀してて良い感じ。MJとかみたいな派手さやわかりやすさには乏しい(ドラ牌強調とかフリテン警告、待ち牌表示も無い)し、あると便利だなーという機能もあんまり実装されていない(リーチしないと自動ツモ切りないしツモ切り表示みたいなのもない)。
 でも、余計な機能が無いのが逆に良いなと思うんですよ。淡々と麻雀が打てる。コンピュータ戦もあるし、対人はMJ級にサクサクマッチングする。FF14の世界のいつでもどこにいても麻雀で対局できる。単純に麻雀を打つ、ということについてはすこぶる快適。


 ちなみに一般卓では正直そこまで強い人はいない感じで、意図の不明な鳴きを結構見ます。MJの初段になるまでのフリー対戦みたいなイメージ。いわゆる初心者狩りをするには最初は快適かもしれませんが、結局段位が上がれば上がるほど強さが収束していくみたいで、レート2000とか行ってたらかなりの雀士だそうです。
 やはり麻雀ができて、おまけにMMO RPGも遊べるという付加価値が強いのか、あらゆる麻雀好きがFF14の世界に参戦してきているようで、非常に良い傾向だなと思いました。
 かくいう俺自身も麻雀やりたくて始めたFF14ですが、一応本編の方も以前遊んだときより進めていて、今はレベル30くらいまで遊んでます。うーん、そんだけ。
 やっぱ麻雀の方が話すこと多いね。


 そして1月はFF14しかやってねえ!
 まあ最初の1ヶ月は無料期間だからね。しょうがないよね。フリートライアルの権利がある人は是非。麻雀、おすすめです(おまけのRPG要素もなかなかおもしろいです)。

フルボッコヒーローズ 5周年

 長く遊び続けているフルボッコヒーローズ。めでたいことに5週年だ。
 一時期ログインすらしなくなっていたり、放置気味の期間もあったりしたが、これでも一応初期から続けている古参だ。
 ほとんどブログで語る機会も無くなってしまったが、あまりに何も言わなさすぎるおかげで情報の蓄積量が肥大化し、俺の中でパンクしそうになってきている。
 ここらで一旦現状を吐き出す目的で記事を書いた次第。


 先に言っておきますが、フルボッコヒーローズを遊んでない人には意味不明な文章になります。

プレイ状況

 まずゲームのイベント攻略状況だが、因果までのイベントはほぼクリアしている(タナトスだけ未クリア)ので、アクティブユーザーでも中の上程度の成績は残してるんじゃないかと思う。
 ただ、最近追加されたイベントの混沌が全くクリアできない。他にも混沌以降、クリアできないイベントがちらほら出てきた。
 インフレが激化した結果、BPやショット変化時間短縮、高速スキル発動など、あらゆる敵側視点のバフやデバフが実装され、かなりストレス溜まるイベントが増えているというのが現状だ。
 そもそも伝承シリーズ以降ショット変化が強すぎるまま3年程度の月日が流れてしまったのもいけないんだろうな。当初のインベーダー的な発想もどこへやら。スキルリソースの管理とショット変化をぶっ放すタイミングを調整するだけのゲームになってしまった(とはいえ伝承シリーズは停滞していたフルボッコヒーローズにとって起死回生のイベントだったので悩ましい)。
 ゲームとしてはほとんど天井が見えてるというか、いやむしろ、天井に頭がぶつかるくらいのところまで来ていると思う。
 「もうこのゲームは終わりだ」と、そう言って見限ったフレンドは数多い。
 せやな、そりゃあな、と納得しながら、俺はまだ遊び続けている。

パーティー構成

 混沌がクリアできないので基本的には属性パ主体だ(混沌は多色推奨)。
 せっかくなので現状のパーティー構成を書いていこうと思う。
 ちなみに課金額は5年間でだいたい2万〜3万くらい。別に無課金でも同じくらいやれると思います。気が向いたら課金、そんなスタンス。

パーティー1:光属性

 第一パーティーは光パだ。
 最近ガチャで手に入ったクリスマスマキナがありえんくらい強かったのでフレンドに見せる用にPT1へ昇格。それまではトールがリーダーだった(ゴミだった)。
 クリスマスマキナ良いよね、可愛いよね。無愛想キャラがちょっと笑みを浮かべていて、そこが可愛い。特にクリスマスイベントの寸劇がほっこりする内容でまた良い。AS威力やLSは申し分なし。迷わず6凸。
 雷獣は未だにレベルマックスにしてないけど、別にそこまで強化しなくてもいいかなって思ってこのレベルで放置している。上げても良いんだけど、つい他のキャラを優先しちゃうのね。でも可愛いよね雷獣ちゃん(男の子っぽいけど女の子らしいよ)。
 そうそう、言い忘れていたが俺はライトなケモナーなのだ。このフルボッコヒーローズで開発されてしまったよ。罪深いことだね。ちなみにメスケモだけじゃなくてケモショタも好きです。
 さて異装パンドラだが、こいつはついこの間正月ガチャで手に入れた。高性能らしいから6凸したいんだが、勾玉と英雄譚が不足していて絶賛保留中。
 ヴァフスルーズニルは、消去法でパーティーINしている。ASは威力強いんだけど必要リソースが多すぎる。しかし回復バリアは魅力。見た目も好みなので、まだ一軍。
 トールは…そろそろ手放したい…エンハ要因が他にいないんだよな。長らく光のリーダーをやっていてくれたが、そろそろ戦力外にしたい。ちなみに1凸してるのはダブったからです。トールは凸する理由が全く無いので、凸されたトールを見かけたら「ダブったな」と瞬時に理解されてしまうのが悩みものです。
 この他にはこのすばコラボキャラのダクネスや水着エリザベートなんかも1.5軍で活躍できるレベル。
 でもまあ、全体的に駒不足だよね。リーダーだけウチでは最強。

パーティー2:無属性

 おそらく最も火力が出るのがこの無パだ。実際クエストの7割は有利属性とか考慮せずこのPT2をベースにクリアしている。何も考えずポチポチしてればクリアできるのが強みだ。
 無敵、高火力、2倍エンハ、割合ダメ、軽量ASと、とにかくバランス良く優秀なメンツが揃っている。
 まずリーダーのアナトだが、こいつがとびきり優秀。ついさっきうっかり回したガチャで2体目をお迎えしてしまった。しかしダブっても喜ばしいレベルの強キャラ。完全無敵持ちの暁天シリーズの中でも最強。AS威力も高いが、LSも暁天らしく高性能。惜しむらくはヤンデレキャラがあんまり好みじゃないってことくらいかな。
 アホノコアカリことアメノホアカリちゃんは、さすがに破天クラスには及ばないが無属性でもトップクラスの高火力が魅力。無敵が無いのと、範囲が狭めなので、タイマンで強さを発揮するタイプ。寸劇の出番も多くてアホっぽくて可愛い。アナトをお迎えするまでリーダーだった。
 イオは、実はこいつも正月ガチャで手に入れた。それまで無パのエンハ要因はおらず、たまにザリチュやセラフィムを使うかなくらいの感じだった。前々から欲しかったキャラなので手に入れたときは狂喜したが、伝承キラーが過去の遺物となりつつある今では、リーダーとしては力不足。
 アンリマンユは、実は2体いる。敵全体に30%ダメージを与える割合ダメAS持ちのため一時期は2体編成でウハウハだったが、最近はダメ上限持ちなボスが増えてきたため役目を終えつつある。とはいえ、BP対策などでまだ使い所はある感じ。
 モートは軽量ASとして使えるんだが、そもそも威力面でも申し分ないため当分外れることは無いだろう。なんなら6凸しても良いくらいに強い。このレベルのキャラが簡単に入手できるのがフルボッコのいいところ。
 この他にはこのすばコラボのカズマさんがスティール要因でよく出入りしている。ヤマタケや異装小太郎なんかもいるが現状1.5軍。無因果のカイロスなんかも入る余地が無いな。
 あまり文句のないパーティーだが、そろそろ破天クラスをお迎えしたい(フライクーゲルほしい)。

パーティー3:水属性

 全体的なバランスの良さでは無パの次に優秀なのが水パ。
 アセナは癖の強いASだが、当て方さえ工夫すれば水パの中でも最強。暁天なので無敵持ちだし、強いて言うなら破壊可能弾に対して弱いのが難点。ケモノだが、ちょっと頭身が高いので外見はそれほど好みではない。
 水着アフロはめちゃくちゃ強いので4凸。凸ボーナスが高火力へ直結するのが強みだね。いい加減6凸したいけど、英雄譚が足りない。
 水着呂布…じゃなくてバレンタイン呂布はその強烈な見た目と寸劇の破壊力でユーザーを圧倒したが、AS威力も申し分ない。特に、BPを貫通するくらいの高火力により一撃ごとに10万以上のダメージを与えるのが強み。凸したいんだけど、なぜか保留中。せめて勾玉くらいあげたいけど、勾玉も無いんだよな。
 スクルドは水パ唯一の泣き所。やはりエンハ要因に乏しいのが水パの弱さね。配布キャラの割には十分優秀だし、見た目も可愛いんだけど、エンハのみっていうのはちょっと厳しいよね。本当はエンハ兼スキル中断兼回復持ちな、最近強化された孔明を入れたかったんだけど、それ、クリアできなかったので…
 勝海舟はレベルマックスにしてないけど、基本的に破壊可能弾を潰してリソース稼ぐ要因なのでそれほど問題にならない。
 水属性はサポートが充実してるからこのレベルでもだいぶ強い。このゲームにおいてリソースに困らないのは最大の武器なので。
 他の水属性は1.5軍というよりほぼ2軍。因果のティアマトやマルコ・ポーロくらいはたまに入れても良いレベルだけど、やっぱり入り込む余地が無い。

パーティー4:火属性

 2年くらい前は最高火力だった火パも最近は微妙な感じ。ただ、最近はモルペウスという天使の良サポが配布されたので、ヴァハグンがかなり強くなった気がする。
 ブラフマーは5凸止まり。何かにつけて高性能な暁天なので特に不満が無い。よほど良いのを引かない限り当分リーダーだと思うけど、AS効果時間の短さがやや難点。そういや武器装備してないな。
 伝承のベルフェゴールは未だに1軍。1軍どころか、火パの中でも最高火力じゃないかな。こいつが2年以上前の配布キャラだっていうんだから驚きだよ。バリア持ちというのもそうなんだけど、実装当時火力も文字通り桁違いだったからね。皇傑・破天・根源等が出てきてようやくパーティーから外す人も出てきたみたいだけど、微課金勢にとってはまだまだエース。
 鬼島津も結構健闘していて、エンハ持ちで広範囲ショット変化、しかも薙ぎ払いで弾消しと伝承キラーの中でも特に強い。ブラフマーを迎えるまではリーダーだったよ。見た目もカッコいいよね。
 チャンティコは強さ云々ではなく趣味で入れてるよ。可愛いからねティコちゃん。最高に可愛い。俺をケモナーにした張本人だよ。ちなみにハートマークがついてることからわかるように、ホーム画面にも表示されるお気に入りキャラです。かわかわ。もう1凸分、英雄譚欲しいところではある。
 ヴァハグンは上でも言ったとおり、モルペウスのおかげで最近1軍に戻ってきたよ。鬼島津と同じく薙ぎ払いで弾を消してくれるのが強みだけど、威力的に見劣りするのが難点かな。
 この他にはミルディンやフンババあたりをよく使う感じ。モリガンなんかも強いけど、やはりAS発動と同時にダメージを食らうのが厳しい。
 そういえば、正月ガチャでマヘスを手に入れたんだけど、今となれば使いどころに困る感じだった。昔はめっちゃ欲しかったんだけどねえこいつ。LSでHP増えないのが時代に合わないよな。

パーティー5:闇属性

 闇は最近だいぶ強化されたよ。
 まずチェルノボグはダブって2体持っているんだけど、必要に応じて2体編成したりしなかったり。暁天の中では使いにくいASな気がするけど、威力は十分だしやっぱり無敵は強いよ。
 真田昌幸はちょっと使いどころに困るんだよな。軽減ASがノートと被るし、ショット変化の方はあんまり強くない。ただ、スキル中断ってのは良いよね。今の所使いどころに乏しいのでやや燻ってる。
 ヤトノカミは割合ダメージとスキル中断をダブルで持っている超強キャラ。アンリマンユよりも削る割合は低いけど、スキル中断が頼もしい。
 アルテミスはチェルノボグを迎えるまでリーダーだった。今見てみるとLSは微妙だけど、入手した当時は配布キャラをリーダーにしていたので革命ですらあった。そしてASは未だに凶悪。因果を使うくらいならこいつを使うレベルだね。
 ノートは最近加入したんだが、エンハと回復バリア持ちショット変化がだいぶ強いので当分1軍かな。仮にエンハ要因でもっと良いのが来たとしても、ショット変化が優秀なので据え置きになると思う。
 この他には軽量AS要因としてエンプーサなんかを使ったりする。一休宗純とかバハムートなんかもたまに使うけど、最近だと1.5軍というより2軍レベルかな…

パーティー6:木属性

 最後を飾るのが木パ。
 正直言って弱い。ケツとフレイヤがレベルマックスになっていないというのもあるんだが、そもそも2体の配布キャラが幅を利かせているあたりガチャ運に恵まれない属性といえる。
 バフォメットは最近お迎えして即6凸。リーダーとするには申し分ない感じで、こいつが来るまでは異装シンデレラがリーダーだった。正直6凸はやりすぎた気がするが、可愛いのでOK。LS条件の木悪魔がなかなか揃えられないのが難点。実のところまだいろいろ試している段階。
 パールヴァティーも最近来た。正直強さを測りかねているが、使ってみた感じまあ1軍かなって感じ。異装シンデレラでも良い気はする。
 ケツァルコアトルは、正直外したい。異装シンデレラとどっちを使うかって感じで、必要に応じて交換したりしてる。
 フレイヤがレベルマックスにできていないのは、最近3凸できたから。なんかタイミング合わなくてちょっと前まで2凸だったんだよね。伝承の中でも特に強キャラ。バリア持ち広範囲ショット変化でかつ、火パの項でも言ったようにモルペウスという強サポを手に入れたおかげでさらに強化された。見た目も好み。伝承は皆星6進化で絵柄も変わって全体的に見た目も良くて、しかも強くて魅力に溢れた、いわゆるフルボッコの躍進を支えた素晴らしいシリーズだったと思う(過去形)。
 クリスマスバステトは確か、この間のクリスマスガチャで手に入った。それまでエンハ要因が3女神のウルズだったので若干倍率減だが、ショット変化も合わせて持っているしこっちの方が良いかなと。ただ凸るほどの魅力が無いので、場合によっては別キャラと交換することになりそう。
 この他にはストリボーグや異装シンデレラが同格の1軍。正直まだ木パは試行錯誤している状況。
 何度も話題に出てきた異装シンデレラがやはり強いので、ケツあたりそろそろ切っても良い気がする…んだけど、まだ無凸なんだよな異装シンデレラ。バフォメットに使い切っちゃって勾玉が足りない。後悔はない。バフォメット可愛いから(シンデレラも可愛いけどね!)。
 LSを最大限活かすべく木悪魔を入れるにあたっては候補としてタローマティやガネーシャあたりがいるんだけど、どちらも種族エンハなので噛み合わない。まだウルズの方が使えるよなー。ただ、そろそろ混沌クリアも視野に入れていきたいので、種族エンハをうまく使っていくこともこれから必要になってくるだろう。


 さて、5年分とまではいかないけど、だいたい吐き出したかな。
 思い入れの強いゲームなので、サービス終了までブログ記事書かないつもりだったんだけど、なかなかサービス終了しないもんだから、5周年というキリの良さもあってついブログ記事を書いてしまった。
 また気が向いたら近況記事を書いていくよ。
 サービス終了時は、全所有キャラの思い出でも書いていきたいねえ。そもそもサービス終了してほしくはないんだけど。

2018年12月

 早いもので、2018年も終わりを迎えようとしています。
 今年は、去年の慢性的体調不良を反省し、常駐先近所への引っ越しから始まり、2回の入院を経てようやく体調も安定してきました。
 電車に乗らない生活というのは本当に快適です。ツイッターでいつも言ってることですが、電車はクソです。
 なまじ見た目が健康体なせいで、体調が悪くても優先席に座りづらく、片道1時間以上の電車通勤でじわじわと身体が弱っていくのを感じていました。今は電車から開放されて非常に気が楽です。
 また移動に長時間かかるような場所へ転勤するようなことになったら、いよいよ退職かなと考えています。今の仕事の内容にはとても満足しているんだけどね。転職したからって今より良い環境なんてそうないだろうし。でもまあこればっかりは先のことでわからないからなんとも言えないな。
 まずは今の健康を喜び、来年も変わらぬ健康体でいられることを願いつつ、2019年を迎える準備に取り掛かります。
 願いの内容もなんかジジ臭くなってきたな。でもそんだけ健康ってのは大事なんだよ。尊いんだよ。健康な人にはわからんだろうけどさ。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch)

 勢いで買いました。一時期放置していたのですが、先週辺りから再開。プレイ時間12時間くらい。
 キャラは全部出せてない。合計50人くらい?
 いやー、アドベンチャーだいぶストレス溜まるね。コンピュータにボコられるのはオンラインで上級者にボコられるよりも苦痛。やはり対等でないと感じてしまうとただただ不快になってしまうんだよな。
 ステージの特徴として風が吹いたり火の床毒の床があったりするのはまだ編成で対策できる分許せる範囲で、3対1の対戦とかは対策が練りにくくただただ辛い。
 せめて雑魚でも良いからデコイ要因の味方を一人つけてくれてもバチは当たらないと思うんだがね。
 俺はもともと桜井ゲーのこと好きだったんだけど、メテオスくらいからかな、完全にアンチ化しつつあって、今回もやっぱりハマりきれない感じではある。「俺のゲームを遊べ」みたいな強烈なメッセージ性がただただキツいんだよな。
 とはいえ、対戦はなんやかんやで楽しくって、多少負けが込んでても楽しい。やっぱり対人戦ってのは強い相手に強いなりの背景があるから(少なくともそう信じられるから)、負けに納得感があってそれが心地良いんだよな。
 もちろんずっと負けると面白くないんだけど、スマブラのいいところは割とまぐれで勝てるシーンがあったりするところだよね。
 ただ、あんまりシンプルじゃなくなったよなースマブラは。これが流行るならストVも流行るんじゃないかと希望を抱いたりするんだけど。

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ(Switch)

 一応クリア。殿堂入り。
 クリア後については、ちょっと薄味っぽいので完全に終わりな感じかな。ミュウツーとかほしいけど、いや、いまさら手に入れたからどうするってほどやり込むつもりもないしな…
 楽しいゲームではあったんだが、クリア後もガッツリはまれるかというと難しいところかな。

ルーンファクトリーオーシャンズ(PS3)

 クリア&クリア後堪能中。プレイ時間75時間くらい。
 スマブラ一時的に放置してた原因がこれ。なんかねー、「そんなでもねえなー」「ここちょっとアレだなー」って思いながら、気が付いたら3時間とかプレイしてるような、なんつうか俺はあんまり使わない言葉なんだけどこれがスルメゲーってやつかなと思う。
 不満点多々あるんだよね。でもなんか遊び続けられてしまった。プレイ時間も結構なもの。
 一言で片付けてしまうとやっぱり面白かったんだろうな。
 簡素化された農耕も不満こそあれど許容範囲。視点移動のやりにくさもPS2初期のゲームを遊ぶような感覚でなんとか乗り切ることができた。全体的にスカスカな日常も中盤以降はやることが増えて忙しくなったし。クリア後はさらにスカスカになるけどまあやり残したことをちまちま潰しながらキャラの好感度を上げていくのもまあまあ楽しい。
 結局ゲームの不出来な部分をプレイヤー側が許容してしまった。あんまりよろしくはないんだけど、不思議とそういう気持ちになってしまうんだよなこのゲーム。なんでだろう?
 もう少し密度が高ければもっと評価は高かったはずなんだけど、この垢抜けなさが逆に愛おしい、そんなタイプのゲームなんかもしれないな。
 とりあえず結婚相手はソニア目当てで行くつもりです。でもオデット可愛いよね。エレナも良い。うむ、可愛いは素晴らしい。

少女終末旅行

 アニメ視聴済み。
 原作漫画の方も最後まで読みました。
 いやはや素晴らしい終末感、そして死生観。アニメ化された話も良いのですが、アニメ化されなかったラスト2巻が特に秀逸でした。


 原作者の伝えようとした、生に対する一つの結論が、心地よく、虚しく、無力で尊い。美しい話でした。
 何を言ってもネタバレになっちゃうくらい繊細な話なので多くは語りませんが、終末に向かっていく人々の在り方への回答、もしくは収束する姿として、とても納得できる話だったと思います。アニメも大好きで、むしろアニメから入ったクチですが、原作も最高でした。


 こういう死生観を追求した作品っていつも俺の心を掴むんだよね。
 まあそれだけ、生と死という概念への興味が尽きないんだろうな。その探求もまた人の生。
 年末、特に平成も終わりを迎えようとする今読む分には、我ながらなかなか良いチョイスだったと思います。超オススメ作品。